鳥と鉛筆

2020.09.28

ワクチンの接種間隔のルールが変わります!

LINEで送る
Pocket

2020年10月からワクチンの接種間隔のルールが変わります。

 

なんらかの理由で接種を急ぐ場合に朗報です。

 

ワクチンの種類

 

ワクチンには

 

  • 生ワクチン
  • 不活化ワクチン

 

の二種類があります。

 

生ワクチン

 

生きたウイルスや細菌の病原性を、免疫が作れるぎりぎりまで弱めた製剤です。

 

1回の接種でもつよい免疫を作ることができます。(ワクチンの種類によっては複数回必要ですが。)

 

副反応としては、もともとの病気のごく軽い症状がでることがあります。

 
生ワクチンの例
ロタウイルス、BCG、麻疹(はしか)、風疹、おたふくかぜ、水痘(みずぼうそう)など

 

 

不活化ワクチン

 

ウイルスや細菌の病原性を完全になくして、免疫を作るのに必要な成分だけを製剤にしたものです。

 

接種しても、その病気になることはありませんが、1回の接種 では免疫が充分にはできません。

 

ワクチンによって決められた回数の接種が必要です。

 
不活化ワクチンの例
B型肝炎・ヒブ・肺炎球菌・百日咳・ポリオ・日本脳炎・インフルエンザ・A型肝炎・髄膜炎菌感染症、狂犬病 など
 
 

これまでのワクチン間隔ルール

 

これまでは

 

  • 生ワクチンを接種後27日
  • 不活化ワクチンを接種後6日

 

は他のワクチンを接種できないことになっていました。

 

 

新しいワクチン接種間隔のルール

 

こちらが新しいワクチン接種間隔のルールです。

 

こちらの図をご覧ください。

 

 

「注射の生ワクチンどうし」、以外は制限なしです!

 

つまり、MR(麻疹風疹)打った翌日に肺炎球菌を接種することも可能です。

 

ロタウイルスワクチンは「飲む」ワクチンですので、注射ではありません。したがって、1ヶ月あける必要はありません。

 

だいぶ身軽になった感じがしますね!

 

インフルエンザワクチンであれば、不活化ワクチンですので、どのワクチンを打った翌日にでも接種可能です。

 

これはスケジュール組みやすいですね。

 

ただし、以下のことに注意してください!!

 

 

移行時期の注意点

 

9月に接種したワクチンには、9月ルールが適用されます。

 

つまり、

 

たとえば9月30日に生ワクチンをうった場合、

 

27日間以上間隔をあけないといけないので、10月1日に他の不活化ワクチンを打ってはいけない、

 

ということになります。

 

 

10月にインフルエンザをご予約される場合、9月に接種したワクチンの制限に引っかかる可能性があります。

 

ご注意ください。

 

 

さいごに

 

これまで同時接種(たとえば、MRとおたふくを同時にうつ)はOKなのに、次の日(たとえば、MR打った翌日におたふくをうつ)はダメ、

 

というような意味不明なルールが使われてきました。

 

これで、かなり身軽に打てる様になりました。

 

接種がなんらかの理由(病気で打てなかった、わすれていた…etc)でイレギュラーになった時に、キャッチアップしやすいです.

 

でも接種スケジュール自体は変わっていません。できるだけ推奨スケジュール通りにうっていきましょうね。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

オンライン診療

子育て支援の一環として、当院かかりつけで「症状が安定している」患者さんを対象にオンライン診療を行なっています。