聴診器

葉っぱ
診療時間

診療時間
午前診
9:00〜12:00
予約外来
15:00〜16:30
午後診
17:00〜20:00
  • …予約外来は健診・予防接種・専門外来(完全予約制)
  • …土曜日14:00〜16:30は通常診療です
休診日
水曜・日曜・祝日
リス
チューリップ

葉っぱ
当日の診療予約

当クリニックでは、院内での待ち時間を短縮するため、初診の方でもパソコンやスマートフォン、携帯電話から予約・確認ができる予約システムを導入しています。お好きな時間帯を指定してご予約いただけます。予約の方を優先して診察しますので、当日でもぜひご予約のうえご来院ください。

予約受付時間

小児科ネット予約受付時間
  • 24時間受付しています。
  • 診察・専門外来:1週間先~30分前まで時間予約が可能です。
  • 健診:2ヶ月先~30分前まで時間予約が可能です。
  • 予防接種:2ヶ月先~2日前まで時間予約が可能です。

専門外来をご希望の方は、まず通常診療時間内にお越しください。(15:00-16:30時間帯は定期的に通院される方専用の枠となります。)

注意事項
  • 初めての方でも予約可能です。
  • 予約いただければ、予約時と受診の前日に確認メールが届きます。
  • 複数の兄弟がいる場合は、お手数をおかけしますが、それぞれ予約をお願いいたします。予約が埋まっていて同じ時間で取れない場合には、近い時間でお取りください。一番早い方の時間で合わせてお呼びいたします。
  • 予約時間に受診ができなくなった場合には、必ず予約のキャンセルまたは変更をお願いいたします。無断キャンセルは3回あると自動的に予約できなくなってしまいます。

葉っぱ
初めて受診される方へ

初めて受診される時には
下記のものをご持参ください。

健康保険証、医療証
(乳幼児医療証など)

健康保険証、医療証は毎月確認させていただきます。恐れ入りますが、その都度ご持参ください。確認できない場合は一旦自費でお支払いいただき、次回健康保険証、医療証をお持ちいただいた際に払い戻しとさせていただきます。

母子手帳

予防接種の際には必ずお持ちください。
(お忘れになるとワクチンを接種できませんので、ご注意ください。)

他院での
紹介状・検査結果

他の医療機関で検査を受けられた結果をお持ちの場合には、その検査結果をできるだけお持ちください。また紹介状をお持ちの場合には必ずご持参ください。

お薬手帳

できるだけお薬手帳をご持参ください。他院処方のお薬内容がわからないと困ることがあります。また、当院での処方でも、ジェネリック薬を薬局でご希望された場合には、薬局に在庫のあるメーカーの薬で処方されますので、最終処方の確認のために、お薬手帳を拝見することがあります。できるだけお持ちください。

問診票ダウンロード

初めて受診される方は問診票をダウンロードのうえ、ご来院前にご記入していただくことも可能です。お子さんをあやしながら問診票を書くというようなストレスが軽減されます。

ワクチンのみで受診の方
  • 予防接種問診票
  • インフルエンザワクチン問診票
診察で受診の方
  • 診察用問診票
鳥
雲
雲
雲
雲

葉っぱ
一般小児科外来

小児科医はこどものからだと病気のスペシャリストです。
一般小児科外来では突然の発熱、咳、鼻などの感染症を中心に、腹痛、頭痛、便秘、下痢、皮膚のトラブル、ミルクの飲みが悪い、発達が遅れている気がする、離乳食始めていいのかな?など、お子さんに起きるあらゆるトラブルの相談に総合的にのらせていただきます。
病気でなく育児相談的な内容でも大丈夫です。ささいなことでもご家族が不安に感じられた症状があれば是非ご相談ください。気軽に相談できるのがクリニックのメリットと考えています。

イメージ
  • かぜについて

    かぜはウイルスが鼻やのどから侵入して鼻、のど、扁桃腺、気管、肺などに炎症を起こします。ウイルス感染には残念ながら根本的な治療法がないですので、自分の免疫力で治すことになります。しかし、治るまでの間をすこしでも楽に過ごせるようにしたり、治癒を早めたり、こじれにくくすることは可能です。すこしでも早く楽になるように努力をしてまいります。

    お子さんそれぞれに弱いところは異なります。たとえば喘息をお持ちのお子さんであればかぜを引き金に喘息発作が出たり、咳が長引いたりします。かぜのたびに気管支炎や中耳炎になるお子さんもおられます。かぜといってもその対策は一つではありません。しだ小児科クリニックではそれぞれのお子さんに合わせたオーダーメイドな治療法を提案してまいります。

  • 抗生物質

    抗生物質は細菌感染症には非常に有効な素晴らしいお薬です。必要な時には「しっかり」と使う必要があります。途中で良くなったからといって飲むのを自己判断でやめてはいけません。
    一方、かぜ(ウイルス感染)には抗生物質は効果がありません。科学的にも早めに抗生物質を飲んだからといって、重症感染症の予防にはならないことは証明されています。むしろ抗生物質の効かない耐性菌を増加させてしまい、本当に必要な時に抗生物質が効かないということにもなりかねません。さらに抗生物質は腸にいる善玉菌も死滅させてしまうため、下痢やアレルギーの要因にもなります。
    このため、当院では厚生労働省もすすめている抗生物質の適正使用に取り組みます。無駄遣いは避ける一方、使う時はしっかり使うというメリハリが大切です。

  • お鼻の処置

    鼻水が多い場合にはお鼻の処置が有効です。鼻呼吸の赤ちゃんでは鼻が詰まるだけで呼吸困難になります。また、鼻水にはたくさんのウィルスや細菌が含まれており、自分でお鼻をかめないお子さんはそれらが鼻の奥にたまって中耳炎、副鼻腔炎をひきおこします。鼻が気管へたれこむと慢性的な咳こみや気管支炎、肺炎の原因にもなります。

    当院では、鼻の処置にこだわっています。2種類の吸引管を使ってきっちりと吸引します。鼻の通気を良い状態に保つことで鼻や副鼻腔の粘膜が正常に戻ろうとする機能が働き、早めの治癒が期待されます。まめに鼻の処置だけで通院していただくこともお勧めです。はじめはお子さんは嫌がるでしょうが、一度鼻水がとれてスッキリするのを経験していただくと、自らすすんで処置に通っていただける場合も多くあります。

  • 漢方薬

    当院では基本的には西洋薬での治療を行いますが、明らかな治療法がない場合もよくあります。また通常のお薬や処置でよくならない場合には、漢方薬を処方させていただくこともできます。漢方薬は味があまり良くないため、飲みにくいというデメリットがあります。しかし副作用はほとんどなく、西洋薬でよくならない時に漢方薬を使うとすっと良くなってびっくりすることも経験します。ぜひご相談ください。

  • 迅速検査

    当院では院内でインフルエンザ、溶連菌、RSウイルス(1歳未満保険適応)、アデノウイルス、ヒトメタニューモウイルス(6歳未満でレントゲンが必要な場合に保険適応)、マイコプラズマなどの各種感染症の迅速検査ができます。当日すぐに結果を聞いて帰っていただけます。発熱の原因がわかれば抗生物質の投与の判断の参考になります。また、どのような症状が出るのか?どんな症状が出たらまた受診した方が良いのか?など、経過の予測がしやすくなります。

  • 血液検査、レントゲン

    発熱が持続する場合や重症度が高い場合には、院内で血液検査やレントゲンなどをみて重症度を判定します。当日すぐに結果を聞いて帰っていただけます。必要な際にはすみやかに入院施設のある病院へ紹介させていただきます。

  • 感染性胃腸炎(おなかのかぜ)について

    嘔吐・下痢・発熱・腹痛などが症状です。小児で多いのはウイルス性胃腸炎で、おなかのかぜともよくいわれます。感染力が強いので家族全員でうつしあってしまったり、学校や保育所などで流行ったり、ということもよくあります。様々なウイルスで胃腸炎を起こします。

    • ノロウイルス(3歳未満で保険適応)
    • ロタウイルス
    • アデノウイルス

    が当院では迅速検査可能です。

    直接ウイルスに有効な治療薬は残念ながらありませんが、症状を和らげたり早く治すためには

    • 浣腸
    • 吐き気止め
    • 整腸剤
    • 漢方薬

    などが有効です。

    吐き気が強いために飲み薬がのめない場合には座薬がオススメです。水分の取り方のコツなども指導させていただきます。

    お子さんは大人よりも脱水が進行しやすいです。また、ウイルス性胃腸炎かと思っていたら実は虫垂炎であったり腸重積であったりと別の病気が隠れていることもあります。疑わしいときには血液検査、レントゲンや超音波検査などを行い、適切な施設へ紹介させていただきます。

葉っぱ
主な検査設備機器紹介

  • 自動血球数CPR測定装置
  • スパイロメーター
  • 超音波画像診断装置(エコー)
  • 吸引機
  • 顕微鏡
  • 乳幼児用体重計
  • エックス線装置
  • オートクレープ
  • 自動血球数CPR測定装置

    自動血球数CPR測定装置

    感染症や炎症の早期発見に有用な機械です。

  • スパイロメーター

    スパイロメーター

    呼吸器の機能を測定する機械です。

  • 超音波画像診断装置(エコー)

    超音波画像診断装置(エコー)

  • 吸引機

    吸引機

    つまったタンや鼻水などを吸入する機械です。

  • 顕微鏡

    顕微鏡

  • 乳幼児用体重計

    乳幼児用体重計

  • エックス線装置

    エックス線装置

  • オートクレープ

    オートクレープ

    高温圧の滅菌器により、徹底した衛生管理を行っています。

オンライン診療

子育て支援の一環として、当院かかりつけで「症状が安定している」患者さんを対象にオンライン診療を行なっています。